喪中はがき・寒中見舞い印刷

喪中・寒中はがき印刷

はんこ屋さん21新栄店(名古屋市中区新栄・東区葵・千種)
喪中はがき・寒中見舞い葉書印刷 承ります。

喪中・寒中印刷一例

喪中デザインサンプルはこちら

喪中文例見本はこちら

寒中デザインサンプルはこちら

寒中文例見本はこちら

喪中挨拶はがきQ&A

Q1.喪中あいさつはいつ頃までに出すとよいですか?

A:出来るだけ早くにお出し下さい。先方が年賀状を準備する前がよいでしょう。できれば、12月初旬には届くようにしましょう。

Q2.喪中の挨拶状を出す範囲は?

A:一般的には本人から二親等までの不幸で出します。世帯が別である場合は必要ないといわれますが、ご本人との絆が深く喪に服したい意向があるのであれば、喪中の挨拶状を出されています。

Q3.亡くなった人の呼称はどうしたらよいですか?

A:とくに決まった言い回しはありませんが、一般的に両親の場合は「父」「母」と呼びます。結婚されている方は差出人を夫婦連名で、どちらの父母が亡くなられた場合でも「父」「母」と表記して問題ありません。これは、結婚により親が4人になったという考え方からきています。

Q4.亡くなった人の年齢はどう数えますか?

A:満年齢ではなく「数え年」を使うことが一般的です。「数え年」とは、生まれた年を1歳として、元旦を迎えるごとに1歳ずつ加えていく年齢です。

⇒数え年2016年早見表はこちら

⇒続柄早見表※画像クリックで拡大表示
続柄早見表